イミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)とは

なぜ渡り鳥は1万キロも休みなく飛べるのか

渡り鳥が疲れ知らずな理由はイミダペプチド?

アラスカ西部の北極圏で繁殖するオオソリハシシギ。寒い時期になるとオーストラリアやニュージーランドなどに渡り冬を越します。
アラスカからニュージーランドまでの距離は約11万1千キロ!広い太平洋を飛ぶ間、無着陸で休むことなく飛んでいきます。その類まれなるスタミナの秘密はどこにあるのでしょうか?研究を進める中で明らかになった成分が、彼らの胸肉に含まれる『イミダペプチド』です。

アラスカからニュージーランドまで約1万1千キロを休まず飛ぶオオソリハシシギ

イミダペプチドは動物の酷使する部分に多く含まれる

イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)は魚類、鳥類を含めた動物の筋肉に含まれています。特に渡り鳥の羽を動かす胸肉や、常に泳ぎ回っているマグロの尾びれ部分などに多く存在します。

イミダペプチドは渡り鳥の羽を動かす胸肉やマグロの尾びれなどに多く存在している イミダペプチドは渡り鳥の羽を動かす胸肉やマグロの尾びれなどに多く存在している

つまりカラダの中で最も酷使され、疲れがたまりやすくエネルギーを消耗する場所にイミダペプチドが多く含まれるのです。

POINT

イミダペプチドが渡り鳥の疲れを知らない驚異的なパワーの源である事が明らかになってきました。

イミダペプチドは鳥だけでなく、マグロやカツオ、クジラ、牛、そして人にも含まれています。動物 の多くの活動する部分に多く含まれている成分なのです。その中でも鳥の胸肉にはイミダペプチドが牛や豚の3~4 倍以上含まれていることが分かりました。

アラスカからニュージーランドまで約1万1千キロを休まず飛ぶオオソリハシシギ
POINT

人間では脳や骨格筋に豊富に存在しています。体内のイミダペプチドの濃度を高めることで、“へとへと”になることを防ぎます。

イミダペプチドは運動や活動時の体づくりを強力にサポートします。

↑このページのTOPへ戻る