イミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)やクエン酸などを手軽に摂取できるスポーツドリンク

アクティブな毎日を応援イミダペプチドアスリート スポーツ×仕事イミダペプチドアスリート

イミダペプチドアスリートをお買い求めの方は、最寄の店舗にてお買い求めください。

イミダペプチドとクエン酸を簡単補給!

イミダペプチドアスリートは元気をサポートするイミダペプチド成分(イミダゾールジプチド )とクエン酸を簡単に補給できるスポーツドリンク(サッと溶ける粉末タイプ)です。
また、ビタミンB群をはじめ、私たちの身体に不可欠な栄養素もバランスよく配合しており、スポーツはもちろん、仕事や勉強時の水分補給として飲むことでヘトヘトを防ぐのをサポートします。

イミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)情報

2019/4/21
きょうの料理(NHK出版)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/4/10
疲れない大百科 - 女性専門の疲労外来ドクターが教える -(ワニブックス)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/4/2
健康(主婦の友社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/4/2
サンキュ!(ベネッセコーポレーション)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/4/1
燃えトレ(エイ出版社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/3/15
からだにいいこと(祥伝社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/3/12
バイシクルクラブセレクション 始めよう!ロードバイク(エイ出版社)にて「イミダゾールジペプチド」が紹介されました。
2019/3/1
MyAge(集英社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/2/5
Dr.クロワッサン 重だるいがすっきり! 万能鶏むねスープ(マガジンハウス)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/1/31
週刊女性セブン(小学館)にて「イミダゾールジペプチド」が紹介されました。
2019/1/22
デイリースポーツにて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/1/22
毎日新聞にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/1/7
ESSE(扶桑社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2019/1/7
おとなの健康特別編集 食べて健康になるレシピ250(オレンジページ)にて「イミダゾールジペプチド」が紹介されました。
2018/12/14
疲れない食べ方(扶桑社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2018/12/05
疲れないカラダお得技ベストセレクション最新版(晋遊舎)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2018/12/01
eclat(集英社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2018/11/20
BiCYCLE CLUB(エイ出版)にて「イミダゾールジペプチド」が紹介されました。
2018/11/8
医者が教える! 最高の体調を引き出す方法(宝島社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2018/11/7
Marisol(集英社)にて「イミダゾールジペプチド」が紹介されました。
2018/11/7
CHANTO(主婦と生活社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2018/11/6
サッカークリニック(ベースボール・マガジン社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2018/11/2
日経トレンディ(日経BP社)にて「イミダゾールジペプチド」が紹介されました。
2018/11/1
ゆうゆう(主婦の友社)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2018/10/29
毎日新聞にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2018/10/27
RUN+TRAIL(三栄書房)にて「イミダペプチド」が紹介されました。
2018/10/25
BiCYCLE CLUBセレクション(エイ出版)にて「イミダゾールジペプチド」が紹介されました。
2018/10/22
MAQUIA(集英社)にて「イミダゾールジペプチド」が紹介されました。
2018/10/16
糖質を食べてもやせる! 最強の食事術(マキノ出版)にて「イミダゾールジペプチド」が紹介されました。
2018/10/16
疲れない体になる!おとなの健康(オレンジページ)にて「イミダゾールジペプチド」が紹介されました。

イミダペプチドとは?

イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)は、哺乳類を始め脊椎動物の骨格筋に存在する成分で、特に長時間の飛行を必要とする渡り鳥に多く含まれています。中でも、翼を羽ばたかせる支柱ともなる翼の付け根(胸)の筋肉に豊富に含まれているということが明らかになりました。
イミダペプチドは人間にも存在し、骨格筋や脳の部分に豊富に含まれているのですが、加齢とともに減少することが分かってきました。
そこで、イミダペプチドを摂取してヘトヘトをケアする必要があるのです。
ヒトによる実験データでは、イミダペプチドを継続的に摂取しているブループと、していないブループとに分け、一定の肉体的疲労となる負荷を与えたところ、イミダペプチドを継続的に摂取しているグループの方が、ヘトヘトを感じにくいという結果が明らかにされたのです。
イミダペプチドは、摂取しやすい方法の一つとして、鶏胸肉があります。
コンビニなどで売られているサラダチキンは煮汁として流れてしまっていますので、汁まで摂取できるカレーやシチューがおススメです。

↑このページのTOPへ戻る